藤木司法書士事務所

遺産分割と相続人の行方不明や不存在

遺産をどのように相続人の間で分けるかは(民法で定められた相続分の規定はありますが)
遺言がない場合、基本的には相続人の間での話し合いとなります。

しかし、話し合いがまとまらない場合や話し合う前提での相続人の特定が困難であったり、相続人が行方不明であったり、そもそも相続人が存在しない場合など、いろいろなケースが考えられます。

これらの各種ケースに対応した家庭裁判所を利用する申し立て方法が定められています。

  • 個人再生
  • 自己破産
  • 借金整理
  • 司法書士 藤木事務所のご案内
  • 遺言
  • 相続発生
  • 成年後見
  • 休眠抵当権抹消
お問い合わせはこちらから