藤木司法書士事務所

3.個人再生

給与等の定期的な収入がある方で、借金を圧縮すれば返済可能な場合は、地方裁判所を通じて個人再生の申立をします。

あなたの収入に合わせた返済計画を立て、それが認められれば減額圧縮された借金を3年分割で返済していくことになります。

また、住宅だけは失いたくないという方も、この手続きにより救済される場合があります。

しかし、個人再生は手続きが少々複雑なため、他の方法に比べて時間と費用が多くかかってしまいます。

  • 個人再生
  • 自己破産
  • 借金整理
  • 司法書士 藤木事務所のご案内
  • 遺言
  • 相続発生
  • 成年後見
  • 休眠抵当権抹消
お問い合わせはこちらから